スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

人々の死生観が変化する

最近、自分は死ぬんじゃないかと思うことが多い。コロナをきっかけに、むかしお世話になった高齢の元上司の3人に電話して、まるでこれが最後かのような会話をしてる自分がいる。

それに今、自分の会社の経営方針を状況に合わせて何度も考え直しているが、まるで遺書でも書いているような気分だ。自分の思っていることや考えていることを、できるだけ文字にして残したいという気持ちがなぜか高まる。

先週なんて、桜を見に行ったら、あまりの美しさに、まるで天国にいるような気分になり、本当は自分は既に死んでいるんじゃないかと思ったぐらいだ。笑

ところで、人間の寿命は、昔にくらべて随分と伸びたなと思う。100年前の平均寿命は42歳だそうだ。現在の日本人男性の平均寿命は81歳だから、たった100年の間に人間の寿命が約2倍にも延びたことになる。

ただ、平均寿命は少しずつジワジワと伸びてきたのではなくて、実は、あるタイミングで一気に伸びた。そのタイミングとは、第二次世界大戦後の1947年ごろに「ペニシリン」という抗生物質が普及したときだ。この特効薬の発明と普及によって、人々の平均寿命は飛躍的に伸びたのだ。

だから、抗生物質の普及前に生まれた人と、普及後に生まれた人では、「死生観」というものがかなり異なるのだと思う。おそらく、普及前の人たちにとっての「死」は、今よりもっと身近で、「いつ死ぬかわからない」という感覚が常にあったのではないか。結核にかかったり流行性の風邪にかかれば、年齢に関係なく突如死んでしまう可能性が高かったからだ。

しかし、現代の人々にとっての「死」とは、「いつかやってくるもの」というような、どこか自分とは関係のないような感覚になってしまっている。ただ、このコロナによって、私と同じように、今までより死というものを少し身近に感じている人も多いのではないだろうか。

実は私は、「STAY HOME」が叫ばれている中、何度も桜を見に行った。それまでの私は、あまり桜に興味がなく、仕事ばかりしていた気がする。なのに今年の春は、これまでの人生の中でいちばん桜を見た気がする。それは多分、無意識に「死」というものを今までより身近に感じていることが理由になっているのだろう。

「死」が身近であればあるほど「生」は際立ってくる。寿命が延びることは素晴らしいことではあるが、たとえば桜を見て情緒を感じる心の繊細さは、…
最近の投稿

女性性の時代

私は昔から女性が好きなのですが(笑)、それはべつに女好きとかそういう意味じゃなくて、女性というのは、なんというか、男性より一段も二段も高いところにいる。そういうイメージを持っています。

私はこのコロナ危機によって、物質文明が終焉し、精神文明が始まると思っているのですが、それは別の言い方をすれば、女性性(じょせいせい)の時代の始まりだと思っています。

それが具体的にどういうことかというと、私はものづくりの世界にいる人間なので、その範囲でしか具体例を説明できないのですが、たとえば燃費の良い自動車を開発するとします。そのとき男性性のつよい人であれば、抜群に効率の良い高性能エンジンを開発しようとするでしょう。しかし女性性がつよい人であれば、複数人数で乗ることが楽しくてしかたない自動車をつくると思います。今まで1人で乗っていた車が、4人で乗るようになれば、燃費は一気に4倍です。

もう一つ例を挙げるとすれば、いま起きているコロナ危機。この危機をどう乗り越えるかについて、男性性な人に意見を聞くと、だいたい政治的な話になってきて、けっこう面倒くさいです(笑)いかにも色々知ってそうな話をしているんですが、ちょっと気取っているだけです。何を隠そう自分がそうだからです(爆)。しょせん男の考えていることなんて、だいたいが勝った/負けたの世界であり、儲かった/損したという世界であることが多いんじゃないですかね。

でも女性性を持った人はちょっと違います。ウイルスに対して勝った/負けたの世界で見ているんじゃなくて、人類全体を高いところから見ている。そんなイメージですね。

宮崎駿監督はそういうことをよく知っていていて、だからこそ、主人公に女の子をもってくるのではないでしょうか。もし主役が男だったりすると、勝った/負けたの世界で終わってしまい、とても薄っぺらい内容になってしまいます。でも女の子を主人公に持ってくることで、温かみというか、人類全体を包み込むような大きな愛というか、そういうものを感じさせる作品にすることができる。ジブリ作品が世界中に愛されてやまないのは、それが理由な気がします。

実際、女性はこの人類の命をつないでいくという使命を持って生まれてきています。だから、我が子のことを自分の命に代えてでも守ろうとする。私は、どうしたって男性は女性にはかなわないと思っているのですが、その理由はそ…

もののあわれ

医学的なことは詳しくないのでトンチンカンなことを書くかもしれないのですが、私は、コロナウイルスに罹った人が、事前に「死に至ることがある」という知識を知っていた場合と、知らなかった場合では、死亡率が異なるんじゃないかって思っています。

というのは、私は、風邪をひいたとき、体温は計らないようにしているんです。なぜかというと、もし38.5度とか高熱だったりすると、それに驚いて、さらに熱が上がってしまうからです。笑

ちなみに私は、今までの人生の中で、一度もインフルエンザに罹ったことがありません。でも実は、体温を計っていなかっただけで、もしかしたら罹ったことがあるのかもしれません。

何が言いたいのかと言うと、このコロナウイルスは、重症化すると息ができなくなるぐらい肺の状態が悪化すると聞きます。私は呼吸って、ものすごく精神状態が影響するって思っています。よく、過呼吸になる人は、その原因が精神的なものであることが多いと聞くからです。

なので、コロナという疫病に対して、あまり楽観的すぎるのはよくないけれど、恐怖感を持ちすぎると、もし肺の調子が悪くなった時に、「死ぬかもしれない」って思ってしまって、さらに呼吸が苦しくなるってことがあるんじゃないかっていうことです。医学的にはそういう問題じゃないかも知れないですが、少なくとも私には起こり得ます。

それと、私が思うに、このウィルスを予防するには、免疫力を高めるのがいちばんよいと思っています。

免疫力は心の状態が大きく左右しますよね。だから必要以上に恐れることなく、むしろ、積極的に笑ったり、いろんなことを楽しみたいですね。恐怖で心や体が硬くなってしまうと循環が悪くなってしまうから、運動をするのもいいんじゃないでしょうか。

今、私の住む地域では、桜が咲き始めています。なので、この土日は、人との距離を充分に保ったうえで桜を見に行こうと思います。桜を見て「もののあわれ」を感じるのが日本人ですよね。桜が本当に美しいのはわずか1週間ぐらいではないでしょうか。その1週間に命をかけて潔く散っていく桜を見ながら、自分の命があることのよろこびと美しさを実感したいです。とにかく明るく楽しく過ごしたいですね。

心の時代の到来

私は、コロナウィルスがそれまでのインフルエンザと大して変わらないものなのか、それとも、本当に脅威的なものなのか、それはあまり気にならない。生物兵器なのか自然発生的なものなのかも気にならないし、このパニックが作為的なものなのか偶発的なのかも気にならない。たぶんそれらを追求していても、私には突き止めることができないと思うから。

いちばん気になるのは、「このコロナ危機は人類にとってどんな意味があるのか。」そして、「コロナ収束後の未来社会で私たちはどうあるべきか。」ということ。それをずっと考え続けてる。

私はこのコロナ危機は、個人的には今の調子だと最低でも2年は続くのではないかと感じてる。オリンピックは1年ほど延期になったようだけど、それまでに終息しているとは考えにくいし、それどころか2022年の冬季オリンピックでさえ開催は危ういと思ってる。

そして、それだけ長いあいだ経済が停滞すると、コロナ危機収束後の社会は、これまでの延長ではなく、かなり異なったものになるはずだ。

その社会は、ミクロ的に言えば、テレワークが進むとか、東京離れが進むといったこともあると思う。しかしマクロ的には、もっと大きな変化が訪れる。それはどんな変化なのか。

私の直感によれば、それは「心の時代」へのシフトだ。

ただ、それはもう、ずっと前から多くの人が気づいていたことだ。でも、なぜ今まで、その時代にシフトしきれずにいたのか。

それは、新しい未来社会にシフトするには、今あるものを一旦手放すというフェーズが必要になる。たとえば、部屋を大掃除するときに、部屋の中にある家具を、そのままにした状態で掃除するのと、それらの家具を一旦思い切って全部部屋の外に出してから掃除するのでは、同じ掃除でも次元が違う。後者の方が、部屋が新しく生まれ変わるような掃除ができる。

その古いものを全て手放すフェーズ、それこそが今回のコロナ危機だと思う。

私たちには今、生きるために必要なものは十分に揃っている。しかし、何のために生きるのか。どんな意味があるのか。それに答えてくれるものが何もない。

だからこそ、それに答えていくことが、これからの時代なのだ。

おそらくこのコロナ危機は、その古いものを全部出し切ったとき収束する。今、巷では、どうやって資産を防衛するかとか、どんな株を買っておくべきかとかそういう話題がよく見られるが、そんなレベル…

コロナ危機は人類にとってどんな意味があるのか

「クールー病」という病気を知っているだろうか。

これは人間が人間の肉を食べると発症する病気で、罹患すると、脳細胞がスポンジのようなスカスカの状態になり、死んでしまうと言われている。「狂牛病」も同じ原理だと私は解釈している。牛が牛を食べると、同様の症状で死んでしまうのだ。

ところで、この「クールー病」という病気は、なぜ生まれたのか。

私はそれは、人類が自ら生み出した病気だと思っている。もし人間同士が互いの肉を食い合うようなことをしていたら、私たち人類はどうなっていただろうか。おそらく、今日のような人類社会は成立しなかっただろうし、それどころか、絶滅していたかも知れない。

だからこそ人類は、その病気を自ら作りだし、絶滅を防いできたのではないだろうか。私たちが動物の肉なら何でも食べるのに、人間の肉だけは食べることをしないのは、そのことを本能的に知っているからだ。

実は今起きている「コロナ危機」は、それと同じ原理だと私は思う。

つまり、人類が自ら「クールー病」を生み出し、人類の絶滅を防いだように、コロナ危機も、何らかの意味があって、人類自らこの病気を生み出したのではないか。

だとすれば、このコロナ危機は人類にとってどういう意味があるのか。それを理解することがこのコロナ危機を解決するキーになる。

このウィルスが化学兵器として作られたのか、あるいは、自然発生的に生まれたのか、それはどちらでも構わない。そういう状況を作ったのは、いずれにしろ人間なのだから。

ところで多くの人は、病気は人間にとって敵であり、征服すべき相手であるという態度をとりがちだ。これは私たちが、無意識にあらゆる対象を「分離」して理解しているためだ。自分と対象との間に境界線を敷き、分離させ、それぞれに敵と味方というレッテルを貼ってしまう。

しかしその精神は、古来の日本的思想からすれば間違だ。日本は「八百万(やおろず)の神」というように、あらゆるものを神とし、人間はその一部として調和しながら生きてきた。

その精神に則れば、病気は体の不調を示すサインであり、決して敵ではない。むしろ、自分の体を守ってくれるための「味方」なのだ。

だから、このコロナの世界的な感染拡大は、この人類社会の不調を示すためのサインである。人類の未来にとって、敵ではなく味方と考えたほうがいい。

では、このコロナの感染拡大は、人類にとって一体ど…

年頭にあたり

昨年は働き方改革という言葉をよく聞いた年だった。いま進められている働き方改革には、その根底に、人間の幸せとはお金がたくさんあること、働く時間が短いこと、という定義があるような気がする。しかし人間とはそんなに薄っぺらいものだろうか。かつて物資が不足していた時代ではそうだったのかもしれない。しかし私たちの社会はもう十分に物質的な豊かさを手に入れた。だからその考えは古くなってきているように思う。
人はどんな時に幸せを感じるのか。それは、自分の存在意義が感じられた時だと私は思う。その人でなければならない理由がたくさんあればあるほど、幸せになれるのではないだろうか。だから私は、生産性を向上させたいという気持ちはもちろん持ってはいるが、それよりも、社員一人ひとりが自分にできること得意なことを通して社会に貢献し、それが人の役に立ったり、喜ばれて自分の存在意義を実感できること、幸せを感じられること、そういう会社にすることが大切だと思っている。
人の幸せとはお金がたくさんあること、働く時間が短いこととしてしまっていては、経済成長が行き詰まるのは当然のことだ。実際、アダムスミスの言った、各個人が利益を追求することによって社会全体の利益がもたらされるという「神の見えざる手」はもう機能していない。馬の鼻先に人参をぶら下げるようなことをしても、もう人は食い付かないことを示しているのだ。既に人類の進化は次のステージに移り変わっている。そのことを自覚しないといけない。
だから企業も、利益や永続を目的に経営することは時代に合わなくなってきている。本来の企業の目的は何か。それは人生の目的に置き換えて考えてみればわかりやすい。人生の目的は生きながらえることではないし、お金を儲けることでもない。自分にできること得意なことを通して社会に貢献することではないだろうか。そしてそれが人の役に立ったり、喜ばれたときに自分の存在意義を確認でき、幸せを感じるものだと思う。お金を得ることや生きながらえることは、その活動を継続させるための手段であって目的ではないのだ。これは国家経営、地域経営、会社経営、人生経営すべてに通じることだと思う。
これからは、各企業が利益を追求することによって社会全体の利益がもたらされるという考え方ではなく、まずは社会全体の利益を考え、そのために自社は何ができるかという順序で考えることが大切になってく…

新元号「令和」によせて

私は、最近の世界情勢を俯瞰的に見てみると、グローバリズムから反グローバリズムの方向にゆっくりと動いているのではないかと感じています。

トランプ大統領は「アメリカ・ファースト」を掲げ、反グローバリズムの方向に動いていると思いますし、イギリスも、EUから離脱できるかまだわかりませんが、意思としては反グローバリズムの方向を向いているように思います。これは、主権をエスタブリッシュメントから国家に戻そうとする動きであると認識しています。

実はこれと似たようなことが、私たちの身の回りでも起きています。つまり、会社から独立し、起業したりフリーランスになり、自分らしい生き方を選ぶ人たちが増えているということです。一部の支配者による中央集権的な社会から、自律分散型の社会に変わってきています。これは本質的には、反グローバリズムと同じ動きではないでしょうか。

ところで、私は自分の会社の組織づくりをするにあたり、目指すべき理想的な組織は、「自立した個の連携」であると思っています。これは、社員一人一人が自分の強みを生かしながら有機的に連携し、ひとつの生命体のように活動する組織です。社員はまず全体の成果を考え、そのために自分は何ができるか、という順序で考えます。そのことが結果的に「個の幸せ」につながっていきます。

私は世界の国々も同様にそうなってくれたら、と願っています。世界全体が平和で豊かになるように、各国がそれぞれの強みを活かしながら連携する社会です。それが結果的に自国の幸せに繋がるはずです。

しかし現状では、分散しただけで、自国・ファースト、自社・ファースト、自分・ファーストに留まっているような気がするのです。でも本当に世界全体が平和で豊かになるためには、連携が生まれなければなりません。それこそが、本当に平和で豊かな未来社会を築けるかどうかのキーワードになると私は思っています。

もし、今起きている分散への動きを、そこに向かうためのステップだと考えたなら、次のステップである「連携」が生まれるようにするにはどうしたらいいか。実はそのキーワードが「日本」にあると私は思っています。

いつだったか、チームラボのイベントに行ったとき、西洋では空間を「自分と自分以外を分けたパースペクティブ」で認識するのに対して、日本人は「超主観空間」といって、空間の中に自分を含めて認識しているということ知りました…