スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

年頭にあたり

昨年は働き方改革という言葉をよく聞いた年だった。いま進められている働き方改革には、その根底に、人間の幸せとはお金がたくさんあること、働く時間が短いこと、という定義があるような気がする。しかし人間とはそんなに薄っぺらいものだろうか。かつて物資が不足していた時代ではそうだったのかもしれない。しかし私たちの社会はもう十分に物質的な豊かさを手に入れた。だからその考えは古くなってきているように思う。
人はどんな時に幸せを感じるのか。それは、自分の存在意義が感じられた時だと私は思う。その人でなければならない理由がたくさんあればあるほど、幸せになれるのではないだろうか。だから私は、生産性を向上させたいという気持ちはもちろん持ってはいるが、それよりも、社員一人ひとりが自分にできること得意なことを通して社会に貢献し、それが人の役に立ったり、喜ばれて自分の存在意義を実感できること、幸せを感じられること、そういう会社にすることが大切だと思っている。
人の幸せとはお金がたくさんあること、働く時間が短いこととしてしまっていては、経済成長が行き詰まるのは当然のことだ。実際、アダムスミスの言った、各個人が利益を追求することによって社会全体の利益がもたらされるという「神の見えざる手」はもう機能していない。馬の鼻先に人参をぶら下げるようなことをしても、もう人は食い付かないことを示しているのだ。既に人類の進化は次のステージに移り変わっている。そのことを自覚しないといけない。
だから企業も、利益や永続を目的に経営することは時代に合わなくなってきている。本来の企業の目的は何か。それは人生の目的に置き換えて考えてみればわかりやすい。人生の目的は生きながらえることではないし、お金を儲けることでもない。自分にできること得意なことを通して社会に貢献することではないだろうか。そしてそれが人の役に立ったり、喜ばれたときに自分の存在意義を確認でき、幸せを感じるものだと思う。お金を得ることや生きながらえることは、その活動を継続させるための手段であって目的ではないのだ。これは国家経営、地域経営、会社経営、人生経営すべてに通じることだと思う。
これからは、各企業が利益を追求することによって社会全体の利益がもたらされるという考え方ではなく、まずは社会全体の利益を考え、そのために自社は何ができるかという順序で考えることが大切になってく…
最近の投稿

新元号「令和」によせて

私は、最近の世界情勢を俯瞰的に見てみると、グローバリズムから反グローバリズムの方向にゆっくりと動いているのではないかと感じています。

トランプ大統領は「アメリカ・ファースト」を掲げ、反グローバリズムの方向に動いていると思いますし、イギリスも、EUから離脱できるかまだわかりませんが、意思としては反グローバリズムの方向を向いているように思います。これは、主権をエスタブリッシュメントから国家に戻そうとする動きであると認識しています。

実はこれと似たようなことが、私たちの身の回りでも起きています。つまり、会社から独立し、起業したりフリーランスになり、自分らしい生き方を選ぶ人たちが増えているということです。一部の支配者による中央集権的な社会から、自律分散型の社会に変わってきています。これは本質的には、反グローバリズムと同じ動きではないでしょうか。

ところで、私は自分の会社の組織づくりをするにあたり、目指すべき理想的な組織は、「自立した個の連携」であると思っています。これは、社員一人一人が自分の強みを生かしながら有機的に連携し、ひとつの生命体のように活動する組織です。社員はまず全体の成果を考え、そのために自分は何ができるか、という順序で考えます。そのことが結果的に「個の幸せ」につながっていきます。

私は世界の国々も同様にそうなってくれたら、と願っています。世界全体が平和で豊かになるように、各国がそれぞれの強みを活かしながら連携する社会です。それが結果的に自国の幸せに繋がるはずです。

しかし現状では、分散しただけで、自国・ファースト、自社・ファースト、自分・ファーストに留まっているような気がするのです。でも本当に世界全体が平和で豊かになるためには、連携が生まれなければなりません。それこそが、本当に平和で豊かな未来社会を築けるかどうかのキーワードになると私は思っています。

もし、今起きている分散への動きを、そこに向かうためのステップだと考えたなら、次のステップである「連携」が生まれるようにするにはどうしたらいいか。実はそのキーワードが「日本」にあると私は思っています。

いつだったか、チームラボのイベントに行ったとき、西洋では空間を「自分と自分以外を分けたパースペクティブ」で認識するのに対して、日本人は「超主観空間」といって、空間の中に自分を含めて認識しているということ知りました…

「切削ライフ」を委託販売します

先日、「切削ライフ~アクリルキーホルダー編~」を執筆されたfish_meatさんと、そのお友達のnupkaさんが当社にお見えになりました。

切削の基本がつかめる一冊「切削ライフ~アクリルキーホルダー編~」
https://www.originalmind.co.jp/cutting/index.php#2

実は4月末ごろから、当社のメカトロマーケットプレイスにて、この「切削ライフ~アクリルキーホルダー編~」に加えて、新刊「切削ライフ〜基板加工編〜」の2つを委託販売させて頂くことになりました。とても分かりやすく解説されていますし、特に基板加工については、その方法について知りたいと思っているお客様は多いと思います。ぜひご利用いただければと思います。

なお、fish_meatさんは、4月22日に開催される技術書典4に出展されるそうです。上記の2冊も販売されるそうですので、ご興味のある方はぜひお立ち寄りください。

技術書典4
https://techbookfest.org/event/tbf04




Think Lab、SOUND MEDITATION

先日、JINSが手掛けるコワーキングスペース「Think Lab」の見学に行ってきました。世界で一番集中できる環境を目指してつくられたとのことで、以前から気になっていました。
また、高城剛さんの「SOUND MEDITATION」というイベントにも参加してきました。これはいわゆる「マインドフルネス」ですが、色々な周波数の音を使っているところが特徴的です。

この二つは無関係のようでいて、実は繋がっていると私は思っています。
今、多くの人は創造的な仕事が求められていますし、これからは「何をしなければいけないか」ではなく「何をしたいか」という内発的な動機付けで仕事をしていくことが大切な時代になっていくでしょう。
そうなると、より豊かな創造力を得られる環境や、自分の内面の探索方法を求める人が増えてくるのではないかと私は思っています。


製品PV「量産力が、欲しいか」の制作風景

射出成形機「INARI」の製品PVは、着手から公開まで4か月もかかりました。

まず、どんなPVにするか、その内容が決まるまでに2か月ぐらいかかっています。
社内で案を出し合い、6本ほど絵コンテができましたが、最終的に、INARIと3Dプリンタを対決させる案が採用されました。「量産力が、欲しいか」というコンセプトが伝わりやすいのではないか、という考えからです。

しかし、3Dプリンタをどうするかということになりました。この案に出てくる3Dプリンタには、目(レンズ)がついていたためです。
目のついた3Dプリンタなど存在しません。このため、AMAZONで中国製の3Dプリンタを購入し、外装のすべてを社内で設計したものに交換し、そこにレンズを取り付けました。

また、INARIと3Dプリンタの対決とは言っても、互いにモノですから本来表情はありません。このため、カメラワークと微妙な間(ま)の取り方を工夫し、緊張感などの表情を演出しました。

たった5分のPVではありますが、INARIは発売前からたくさんの反響をいただいていたこともあり、かなりの時間と手間をかけ、気合いの入ったPV制作となりました。




ワンフェス2018冬にたくさんのご来場ありがとうございました。

ワンフェス2018冬にたくさんのご来場ありがとうございました。ふなっしーも当社のブースに来てくれました。

ワンダーフェスティバル2018冬で新製品を展示します。

2月18日に開催されるワンダーフェスティバル2018冬にて、新製品「クーラントケース」の展示を行います。手動射出成形機「INARI」による成形体験も行いますので、ご興味のある方はぜひお越しください。