スキップしてメイン コンテンツに移動

かわさきロボット競技大会の魅力

当社では毎年「かわさきロボット競技大会」に製品を展示させて頂いています。いつも思うのですが、この大会はたいへん盛況で、今年も2,000人以上の来場があったそうです。

なぜ、そんなに盛況なのか-。私が思うに、この競技大会には「ロボットの移動には車輪ではなくリンク機構を用いなければならない」というルールがあります。そのことがメカ好きな若者の心をくすぐるのだと思うのです。逆の言い方をすれば、ものづくりが好きな若者たちは、複雑なメカ機構を実現できる作品テーマを探していて、そこに、かわさきロボット競技大会という場が与えられたという言い方もできるのではないでしょうか。

そう考えたとき私は、日本のものづくりは、世界中の人々に、Made in Japan を手にすることが誇りであると思われるような、メカ機構の美しさが感じられる製品をつくっていくことが重要なのではないか。この大会を見ながらいつもそう思うのです。


このブログの人気の投稿

鋳造ワークショップ@TechShop Tokyo に参加してきました

先日、TechShop Tokyoで開催された「鋳造ワークショップ~オリジナルiPhoneスタンド~」に参加してきました。材料は錫(すず)という金属をつかいました。柔らかくて手になじみ、どこか温もりを感じさせる不思議な金属です。木型は、薄い木の板を6枚ぐらい積み重ねたもので、それぞれの板はレーザーで加工してありました。つまり、二次元加工した板を何枚も積み重ねることで、三次元形状を作る方式になっています。型の設計は難しいかもしれませんが、レーザー加工で型が作れるというのは、夢がひろがりますね。