スキップしてメイン コンテンツに移動

JAPAN PACK 2015

10/15(木)に、JAPAN PACK 2015 (日本国際包装機械展)に行ってきました。私たちの会社には直接関係のない分野ではありますが、包装機械というのは機械設計者にとっては勉強になることが多く、私は定期的に見学するようにしています。

いまの生産設備は、その多くがサーボモーターとXYステージを組み合わせてプログラムでコントロールするというパターンが多いのですが、包装機械、中でも食品の包装機械は、1秒間に何十個もの包装をしなければならないといった高速性を求められることが多いため、一つの動力からすべてを動かす「カム機構」がよく用いられています。私はそれを見るのがとても勉強になるので定期的に見学するようにしています。

この JAPAN PACK は、二年に一度しか開催されていませんが、もうひとつ、TOKYO PACK (東京国際包装展)という展示会もありますので、ご興味があれば見学してみてはいかがでしょうか。


このブログの人気の投稿

鋳造ワークショップ@TechShop Tokyo に参加してきました

先日、TechShop Tokyoで開催された「鋳造ワークショップ~オリジナルiPhoneスタンド~」に参加してきました。材料は錫(すず)という金属をつかいました。柔らかくて手になじみ、どこか温もりを感じさせる不思議な金属です。木型は、薄い木の板を6枚ぐらい積み重ねたもので、それぞれの板はレーザーで加工してありました。つまり、二次元加工した板を何枚も積み重ねることで、三次元形状を作る方式になっています。型の設計は難しいかもしれませんが、レーザー加工で型が作れるというのは、夢がひろがりますね。