スキップしてメイン コンテンツに移動

TASKOさんの武蔵小山ファクトリー

明和電機さんのアトリエ訪問のあと、土佐社長さんが歩いて10分ぐらいのところにあるTASKOさんの武蔵小山ファクトリーに案内してくださいました。TASKOさんは、明和電機さんの制作スタッフだった方々がつくられた会社で、舞台装置や楽器演奏ロボットなどの製作を手掛けている会社です。明和電機さんとは今も連携しながら仕事をしていらっしゃるようです。そのTASKOさんの作品で私が最もインパクトを感じるのは、この「Z-MACHINES」という作品です。ほかにも、有名なアーティストのPVにもTASKOさんの製作された装置が使われるなど大活躍でいらっしゃいます。

そのTASKOさんは、部品の製作に当社のKitMill RD420を2台利用してくださっています。このRD420を使って製作された部品を見せて頂いたのですが、写真のように、複雑な形状をした部品を作られており、かなりCNCを使いこなしていらしゃることがわかります。しかも、2台とも連日フル稼働で使って下さっているとのことで、とても感激でした!







このブログの人気の投稿

鋳造ワークショップ@TechShop Tokyo に参加してきました

先日、TechShop Tokyoで開催された「鋳造ワークショップ~オリジナルiPhoneスタンド~」に参加してきました。材料は錫(すず)という金属をつかいました。柔らかくて手になじみ、どこか温もりを感じさせる不思議な金属です。木型は、薄い木の板を6枚ぐらい積み重ねたもので、それぞれの板はレーザーで加工してありました。つまり、二次元加工した板を何枚も積み重ねることで、三次元形状を作る方式になっています。型の設計は難しいかもしれませんが、レーザー加工で型が作れるというのは、夢がひろがりますね。