スキップしてメイン コンテンツに移動

諏訪圏工業メッセで当社製品ユーザーを発見!

少し前の話題ですが、今年の諏訪圏工業メッセで当社製品を使ってくださっている会社を見つけました。

上の写真は株式会社東陽さんです。実は昨年のものづくり文化展2014にご投稿くださっています。東陽さんの「ウラ面取りツール」は、小径穴のウラ面取りが穴あけと同一工程で行なえます。材料をわざわざひっくり返すことなく、そのままで裏側の面取りができてしまうというのは大変便利だと思います。東陽さんはそれをお客さんにわかりやすく説明するために当社のKitMill BT100を使ってくださいました。

それから下の写真は、株式会社アクセルさんの展示品です。当社のDCソレノイド駆動チャックを使ってくださっています。実は私は以前、FA設備に使われるコントローラーのソフトウェア開発をしていたのですが、そのとき私はよく、このアクセルさんのMPCというコントローラーを使わせて頂いておりました。このMPCは、簡単に言うと「BASICで動くシーケンサー」で、ものすごくプログラミングのしやすいコントローラーです。殆どのメーカーのシーケンサーは「ラダー」という言語が採用されているのですが、そもそもシーケンスとは「あらかじめ定められた順序または手続きに従って制御の各段階を逐次進めていく制御」なのに、ラダー言語はその肝心の「順序」が見えにくいのです。その点MPCは、まさに書いた通り、上の行から下に向かって順序通りに動きますので、動きがイメージしやすいのです。もしよかったら使ってみてくださいね。

最近いろいろな展示会に行くと何らかのカタチで当社の製品が使われているところを見かけることができ、とても嬉しくなります。



このブログの人気の投稿

鋳造ワークショップ@TechShop Tokyo に参加してきました

先日、TechShop Tokyoで開催された「鋳造ワークショップ~オリジナルiPhoneスタンド~」に参加してきました。材料は錫(すず)という金属をつかいました。柔らかくて手になじみ、どこか温もりを感じさせる不思議な金属です。木型は、薄い木の板を6枚ぐらい積み重ねたもので、それぞれの板はレーザーで加工してありました。つまり、二次元加工した板を何枚も積み重ねることで、三次元形状を作る方式になっています。型の設計は難しいかもしれませんが、レーザー加工で型が作れるというのは、夢がひろがりますね。