スキップしてメイン コンテンツに移動

NSK XYテーブル CT0705-401

中古品を販売していると、売れないだろうなと思ったものがよく売れたりすることがあるわけですが、逆に、売れるだろうなって思ったものが売れないってこともあります。その中のひとつがこのXYステージです。もう何年も在庫に残っています(汗)
http://www.originalmind.co.jp/useds/35030

このXYステージは、精度も応答性も素晴らしいもので、私個人としては大変価値のあるものだと思っています。

なぜ精度が良いのかというと、一般的なXYステージは、いわゆる大ガメ子ガメと言いますか、一方の軸の上に、もう一方の軸が乗っていますので、たとえば上の軸にガタが全くなくても、下の軸にガタがあればどうしても影響されてしまいますよね。ところがこのXYステージは、同一平面上にXY軸が配置されていますので、そういった心配がいらないんです。

さらに、一般的なXYステージでは、下側の軸は上側の軸を乗せて動かすことになるので、慣性負荷が大きくなります。でもこのステージは、上に軸が乗っていないので応答性の高い機敏な動きができるんですね。

このため、このステージは精度も応答性も素晴らしいので大変オススメです。しかも、この種類のステージは弊社が始まってから一度しか入荷したことのないものです。長い間売れなかったとはいえ、大変貴重なステージですので、ぜひご検討いただければと思います。

このブログの人気の投稿

鋳造ワークショップ@TechShop Tokyo に参加してきました

先日、TechShop Tokyoで開催された「鋳造ワークショップ~オリジナルiPhoneスタンド~」に参加してきました。材料は錫(すず)という金属をつかいました。柔らかくて手になじみ、どこか温もりを感じさせる不思議な金属です。木型は、薄い木の板を6枚ぐらい積み重ねたもので、それぞれの板はレーザーで加工してありました。つまり、二次元加工した板を何枚も積み重ねることで、三次元形状を作る方式になっています。型の設計は難しいかもしれませんが、レーザー加工で型が作れるというのは、夢がひろがりますね。