スキップしてメイン コンテンツに移動

ロゴマークの由来

当社のロゴマークの由来について今までどこにも書いたことがなかったので書いてみたいと思います。

実は当社のロゴマークはベアリングの断面図を模したものなんです。当社の経営理念は「ものづくりの楽しさと夢を提供します」ですが、私は創業当初から「メカトロニクス」というのは、ものづくりの楽しさを味わって頂くには格好の材料であると考えていました。今もその気持ちは変わっていません。やはり動くものは、ただ単に音が鳴ったり光ったりするだけのものよりは、完成した時の喜びがとても大きいですからね。なので、何かメカトロニクスを連想するような絵柄をロゴマークにしたいと思ったのです。






ベアリングは玉ころとその軌道によって構成されていますが、それはリニアガイドやボールねじ、ボールスプライン、リニアブッシュの内部にもその構造が応用されています。つまりこれはメカトロニクスを代表する構造ではないかと思うのです。なのでベアリングの断面図をロゴマークに採用しました。

ただ、これをつくった時は本当に悩みました。ものすごくたくさんの図案をつくった記憶があります。たしか二か月ぐらいそれを繰り返しました。でも社名の時と同様に、悩んで悩みぬいた上に決めたので、このロゴマークにしてよかったなと心からそう思っています。

このブログの人気の投稿

鋳造ワークショップ@TechShop Tokyo に参加してきました

先日、TechShop Tokyoで開催された「鋳造ワークショップ~オリジナルiPhoneスタンド~」に参加してきました。材料は錫(すず)という金属をつかいました。柔らかくて手になじみ、どこか温もりを感じさせる不思議な金属です。木型は、薄い木の板を6枚ぐらい積み重ねたもので、それぞれの板はレーザーで加工してありました。つまり、二次元加工した板を何枚も積み重ねることで、三次元形状を作る方式になっています。型の設計は難しいかもしれませんが、レーザー加工で型が作れるというのは、夢がひろがりますね。