スキップしてメイン コンテンツに移動

Oihataさんのギター

先日、ウクレレ奏者なら誰でも知っているというウクレレブランド「Oihata」さんが、弊社のMOC900を使ってくださっていることを知りました。そのような有名な方が当社製品を使って下さっていることがとても嬉しくて、はるばる函館まで取材に行ってきました。

ウクレレ奏者なら誰でも知ってる「Oihata Ukulele&Guitars」に取材に行ってきた!

実は私は、かなり昔になりますが、趣味でギターをやっていた時期があります。その時は、今の私からはあまり想像できないと思うのですが、ヘビーメタルが大好きで、速弾きとかをひたすらコピーしておりました。でもどういうわけか年を取ると、そういう音楽を聴くのが疲れるようになりまして・・・。それでギターからは離れてしまいました。でも、アコーステックのような音楽は今でも好んで聴くので、ときどき楽器店の前を通ると、ひさしぶりにギターを買ってみようかなあなんて思うことがよくあります。

ただ、どんなギターを選んだらいいのかわからないので、結局購入まで至らずに何年も過ぎてしまいました。でも今回 Oihata さんを取材したので、Oihata さんがつくったギターが欲しいなと思うようになりました。だって、私たち会社のCNCを使ってつくってくれたギターを使えるなんて、すごい幸せなことですからね。ただ私の演奏が下手すぎて勿体ないというのが難点ですが(笑)



このブログの人気の投稿

鋳造ワークショップ@TechShop Tokyo に参加してきました

先日、TechShop Tokyoで開催された「鋳造ワークショップ~オリジナルiPhoneスタンド~」に参加してきました。材料は錫(すず)という金属をつかいました。柔らかくて手になじみ、どこか温もりを感じさせる不思議な金属です。木型は、薄い木の板を6枚ぐらい積み重ねたもので、それぞれの板はレーザーで加工してありました。つまり、二次元加工した板を何枚も積み重ねることで、三次元形状を作る方式になっています。型の設計は難しいかもしれませんが、レーザー加工で型が作れるというのは、夢がひろがりますね。