スキップしてメイン コンテンツに移動

TOKYOハンドクラフトギターフェスに行ってきました。

先日、「TOKYOハンドクラフトギターフェス」に行ってきました。昨年ウクレレビルダーのOIHATAさんを取材したときにこのイベントの存在をお聞きし、それ以来ぜひ行ってみたいと思っていたからです。

そのときの取材記事
ウクレレ奏者なら誰でも知ってる「Oihata Ukulele&Guitars」に取材に行ってきた!

行ってみて驚いたのは長野県からの出展者が多かったことです。合計でたしか70ぐらいの団体が出展していらしたのですが、その約一割が長野県からの出展でした。やはり長野県はギター作りに向いた土地なのですね。

OIHATAさんとも少しお話ができました。ギターの製作には「インレイ」といって、彫刻した貝をネックに嵌め込む技術があります。OIHATAさんは、その加工をCNCでやったら面白いのではないかおっしゃっていました。

OIHATAさん自身もCNCで加工していて、0.5mmぐらいのエンドミルを使って加工しているそうです。その加工方法は、まず貝を木の板の上に水溶性の接着剤で貼り付ける→そしてその木の板をCNC本体のテーブルに両面テープで固定する→加工が終わったらその木の板をバケツにいれて接着剤を溶かす、とおっしゃていました。

いつか当社でもその加工サンプルを作ってみなさんにお見せできればいいなあと思っております。


このブログの人気の投稿

「切削ライフ」を委託販売します

先日、「切削ライフ~アクリルキーホルダー編~」を執筆されたfish_meatさんと、そのお友達のnupkaさんが当社にお見えになりました。

切削の基本がつかめる一冊「切削ライフ~アクリルキーホルダー編~」
https://www.originalmind.co.jp/cutting/index.php#2

実は4月末ごろから、当社のメカトロマーケットプレイスにて、この「切削ライフ~アクリルキーホルダー編~」に加えて、新刊「切削ライフ〜基板加工編〜」の2つを委託販売させて頂くことになりました。とても分かりやすく解説されていますし、特に基板加工については、その方法について知りたいと思っているお客様は多いと思います。ぜひご利用いただければと思います。

なお、fish_meatさんは、4月22日に開催される技術書典4に出展されるそうです。上記の2冊も販売されるそうですので、ご興味のある方はぜひお立ち寄りください。

技術書典4
https://techbookfest.org/event/tbf04