スキップしてメイン コンテンツに移動

美しいリヒテンベルク図形



人工的に稲妻を発生させ、それをプラスチックに流すと「リヒテンベルク図形」と呼ばれる美しい模様ができるようです。その模様をよく見てみると、まるで植物のように、ひとつの茎から無数の枝に分かれて広がっています。実はこれは、稲妻とか植物だけでなく、森羅万象すべてのものは、このように一点から始まり、根→茎→葉→花という順序で進化発展してきたのではないでしょうか。たとえば私たち人間という生命も、宇宙→銀河→太陽系→地球→人類というような順序で生まれたのではないかと思うのです。当たり前のようですが、私たち人間は、どこか宇宙を別のものと考えてしまうところがあるように思います。

このブログの人気の投稿

鋳造ワークショップ@TechShop Tokyo に参加してきました

先日、TechShop Tokyoで開催された「鋳造ワークショップ~オリジナルiPhoneスタンド~」に参加してきました。材料は錫(すず)という金属をつかいました。柔らかくて手になじみ、どこか温もりを感じさせる不思議な金属です。木型は、薄い木の板を6枚ぐらい積み重ねたもので、それぞれの板はレーザーで加工してありました。つまり、二次元加工した板を何枚も積み重ねることで、三次元形状を作る方式になっています。型の設計は難しいかもしれませんが、レーザー加工で型が作れるというのは、夢がひろがりますね。